モバイルコンバートエンタープライズ導入事例

某外資系損害保険企業様

従業員数:1000名(グローバル55,000人)
対象システム:保険料見積り・顧客向けマイページ

導入背景離脱が多くビジネスチャンスをロスしていた

スマートフォンからのアクセスが増え続けている中、PCサイトをそのまま表示しており、見積りフローの入力項目で離脱が多い状況が続いており、ビジネスチャンスを大きくロスしていた。
セキュリティポリシー上、ASPサービスは利用できず、自社データセンターに構築する必要があった。
また、スクラッチでサイト構築するには数億円のコストが発生するレベルであり、法改正に対応するためのスピード感を考えると、変換サービス、もしくはワンソース管理ができるレスポンシブデザインを検討していた。
レスポンシブデザインは動的HTML構築には向かないと判断、そこで、ライセンス版を提供している変換ソリューションを選定した。

導入決定の
ポイント
ノウハウを持つエムティーアイに構築を一任

ライセンス版を提供している事業者が少ない中、金融機関(同業他社含む)の事例が多数あったこと。
ほとんどの導入事例が、動的HTML(アクセスしたユーザの処理に応じて表示内容が変わる)で適用されている。
構築ツールが提供されて自社で構築するタイプは本来注力すべき業務とは離れる為、対応を避けたく、スマートフォンのノウハウを有するエムティーアイが実際に構築まで行ってくれることも大きなポイントだった。

導入後の
効果/反響
CV率大幅UP。ユーザからの問い合わせ対応もスムーズに。

スマートフォンからのアクセスによるコンバージョン率が2桁%向上。
法改正や商材変更による修正で頻繁にWEBサイトの改修が発生するが、PCサイトを変更しても自動的にスマートフォンサイトが変更され非常に便利。スマートフォンサイトに手を加える場合でもエムティーアイの万全のサポートにより短期間でスピーディに対応することができている。
また、スマートフォン端末の自社での保有数は少ないが、エムティーアイに依頼することで、保有するすべてのスマートフォン端末の中から「機種名xキャリアxOS」で不具合の再現確認ができ、ユーザーからの問い合わせに明確に回答できるようになった。

多数ある保険商材の中で、今回構築したものは一部のため、
今後、他の保険商材へもスマートフォン対応を横展開していき、効果を最大化させていきたいと考えている。