Q&Aよくあるご質問

  • サービス全般
  • 変換について
  • 拡張機能について
  • インフラ・セキュリティについて
  • 料金・納期について
  • サポートについて

サービス全般

  • どのような企業が導入していますか?
    多くの業界に満遍なく採用をいただいております。
    ナショナルクライアントのような大企業様から、ベンチャー企業様までさまざまです。
    詳しくはお客様事例ページをご覧ください。
  • 導入のメリットは?
    日々進化している携帯技術のキャッチアップに割く時間を
    当社にアウトソーシングすることで、お客様は本来の「企画立案、サイト改善」などの戦略的な業務に集中していただくことが最大のメリットです。
  • ライセンスでの提供は可能ですか?
    ライセンス版の提供も可能でございます。
    詳しくはモバイルコンバートエンタープライズをご覧ください。
  • 他のスマホ変換サービスとの違いを教えてください。
    株式会社エムティーアイは、
    モバイルサイトを自社で運営している国内有数のコンテンツプロバイダーです。
    モバイルコンバート導入後も、お客様のモバイルビジネスをマーケティング支援やサイトデザイン改善などを通じて様々な形でご提案、サポートできる唯一のソリューションです。
  • スクラッチ制作と比べた場合の導入メリットは?
    1、基幹システムの改修は一切不要なので、安価に早くサイト構築ができます。
    2、PCサイトを更新すると、スマホサイトも自動で更新。
      情報のワンソース化が実現できます。
    3、ワンソース化により、運用コストを大幅に削減できます。
  • レスポンシブWebデザインとの違い、メリットは?
    1、変換の方が、安価にかつ短期間でサイト構築ができます。
    2、既存のシステムにレスポンシブWebデザインを導入することは困難ですが、
      変換なら既存システムをそのまま有効活用できます。
    3、レスポンシブWebデザインは表示速度が遅くなるケースが多くみられます。
  • CMSを使っていますが変換は可能ですか?
    問題なく変換することができます。
    「モバイルコンバート」は既存のシステムには
    なんら影響されずに導入することができます。
  • iPadなどの「タブレット型」端末にも対応していますか?
    キャリア公式サイトでスマートフォンと発表されている端末がサポート対象となります。
    (タブレット端末はサポート対象外)
  • 対応機種を教えてください。
    docomo、au、SoftBankの携帯全端末に対応しています。
    スマートフォンについては、国内キャリアから発売されるiPhone、Android端末に対応しています。
    なお、対応機種の詳細については、対応端末一覧をご覧ください。
  • 新機種への対応はどうなっていますか?
    フィーチャーフォンについては、「発売前」に対応が完了しています。
    スマートフォンについても「発売前」の対応が基本となりますが、
    一部の機種については「発売後一週間以内」の対応となる場合があります。
  • 初期構築におけるクライアント側の作業はどのようなものがありますか?
    主に、Webサーバーへリダイレクト処理の設定をいただくこと、
    デザインの決定をいただくことの2点です

変換について

  • デモンストレーションやテストケースの考案をお願いすることは可能ですか?
    無料でデモンストレーションを行うことが可能ですので、
    お気軽に弊社営業担当までお問い合わせください
  • GoogleMAPや、解析ツールの使用は可能ですか?
    無料で連動させることが可能です。
    詳しくは弊社営業担当までお問い合わせください
  • 画像をスマートフォン向けに変換はできますか。
    画像変換には対応しておりません。
    しかし、スマートフォン専用の画像をご用意いただければ
    調整マーカを利用し画像の出し分けを行うことができます。
  • モバイルコンバート経由でcookieを使用することは可能ですか。
    モバイルコンバートのサーバ設定にて
    cookieをモバイルコンバートのセッションに入れて管理する仕組みがあります。
    詳しくは弊社営業担当までお問い合わせください
  • 間にモバイルコンバートのサーバが入ることによってセッション管理はどうなりますか?
    これまで通りの運用で問題ございません。
    モバイルコンバートの機能でセッション管理が可能です。
    具体的には弊社-端末間ではモバイルコンバート側でURLに付与されているjsessionidをsjidに書き換えることで混乱を防ぎ、御社サーバーへのアクセス時にはjsessionidにモバイルコンバート側で書き直します。
    また、cookieを利用してセッション管理する方法もございます。
  • 変換に不向きなサイトはありますか?
    モバイルコンバートはHTMLページ変換に特化したサービスのため、
    「動画配信、着うた(フル)、着せかえ、コミック」のような「コンテンツファイルのダウンロード」を主なサービスとするサイトでは、主要部分をモバイルコンバートだけで運用することができません。
    しかしながら、コンテンツファイルのダウンロードとモバイルコンバートが連携を行うことで、運用費削減したサイト運用は可能です。
    詳しくは弊社営業担当までお問い合わせください
  • サイト内の一部分のみ変換解除したいのですが、変換場所をコントロールすることは可能ですか。
    指定のディレクトリ、URLのみ変換対象から外すことがサーバー側設定により可能です。
    また、調整マーカーによりページ内の一部分を無変換にすることも可能です。
  • 課金サイトなのですが、対応可能ですか
    基本的にはドコモ用課金管理ロジックをベースに各キャリア用に拡張することで、対応が可能になっています。
    モバイルコンバートではUID取得の一元化などお客様側のシステムの改修を最小限に抑えるための機能をご用意して対応いたします。
  • カートやマイページ等のhttpsの環境でも対応可能ですか?
    対応可能です。
  • モバイルコンバートで変換した場合、端末のIPアドレスは取得できますか?
    取得可能です。
  • 変換すると表示速度はどうなりますか?
    不要なデータ・画像を削って表示するため、
    PCサイトをそのまま表示するより高速表示されます。

拡張機能について

  • SEO対策はどうなっていますか?
    検索エンジンのクローラーにはお客さまのサーバーから直接ページを渡すことになり、
    モバイルコンバートは介在しません。
    したがって、現行のSEO対策をそのまま実行していただくことが出来ます。
  • 静的コンテンツを収容しているサーバーと、会員管理や決済などの動的処理をしているサーバーの間で行き来があり、ユーザー導線のトレースが取れず困っていますが、こういったアクセスも解析できますか?
    モバイルコンバートには解析のキーとなるセッションIDの自動発行機能がありますので、これにより解析対象サイトのシステムやドメインが複数に跨っていても、統一されたIDで解析が可能です。
    したがって、新たに複雑なシステムを構築する必要なく、ユーザーの導線分析や広告費用対効果の解析ができます。詳しくは弊社営業担当までお問い合わせください
  • 変換以外のオプションは何がありますか?
    有料オプションとして、「サイト解析オプション(RTメトリクス、ビジョナリスト)」「UXデザインコンサルティング」等がございます。
    詳しくは弊社営業担当までお問い合わせください
  • スマホサイトには独自ドメインを利用することは可能ですか?
    可能です。

インフラ・セキュリティについて

  • ASPについて、計画停止などサービスの停止が発生するのでしょうか?
    ASPのシステムはノンストップで運用しております。
    すべてのシステムを冗長化しているのでメンテナンスやバージョンアップなどの時でも
    システム停止はございません。
  • リリース前のステージング環境はあるのでしょうか?
    別に設けております。無償で提供しており、
    24時間いつでも自由にテストしていただくことが可能です。
  • データセンターについて教えてください。
    金融機関との契約実績を数多くもつインターネットデータセンターを採用しています。
    専用ラックを数台規模で専用環境を設置し、
    回線、ネットワーク、電源をすべて冗長構成で組み上げており、
    一切のシングルポイントを排除して運用しています。
  • ASPを利用すると、ASPサーバ上に個人情報が通過することになりますが、個人情報漏洩のリスクについてセキュリティ対策はどうなっていますか?
    モバイルコンバートは
    「システム構造によるセキュリティ対策」と「ネットワークインフラ上でのセキュリティ対策」の2つの方法を取っています。

    《システム構造によるセキュリティ対策》
    モバイルコンバートを経由する全データは
    メモリ上の揮発性オブジェクトで管理されています。
    つまりハードディスクにデータの書き込みがなく、
    データの保持さえ発生しない構造を採用しています。
    したがって、ハッキング対象となるデータ自体がシステム内に存在しないため
    漏洩リスクを回避することができます。

    《ネットワークインフラ上でのセキュリティ対策》
    モバイルコンバートでは、アクセス可能なアクセス元ソースIPアドレスの帯域を、
    携帯キャリアと主要検索クローラー(勝手サイトのGoogleやYahoo、gooなど)のみに限定しています。
    したがって、携帯実機端末を除く、インターネットの世界から遮断した環境で運用をしていますので、悪意を持った人物のPCからではアクセスはできません。
  • ネットワーク・アプリの脆弱性診断は行われていますか。
    年に一度実施し、対応が必要と判断された場合、アップデート等の作業を実施しています。
  • 変換サーバーのパフォーマンスについて教えてください。
    サーバを並行稼動させており、上限等は設けていません。
    したがって、キャンペーン等の急なアクセス増加にも柔軟に対応しています。

料金・納期について

  • 導入までの期間はどれくらいかかりますか?
    モバイルコンバートはASPサービスのため、
    非常にスピーディーに導入することが可能です。
    通常であれば、マルチキャリア変換は最短で1ヶ月程度~、スマートフォン変換については最短で2ヶ月程度で導入も可能です。
    詳細な導入スケジュールは弊社営業担当までお問い合わせください
  • 導入費用はどの位かかりますか?
    詳しい料金につきましては、弊社営業担当までお問い合わせください

サポートについて

  • 既存のhtmlソースにタグを埋め込む作業は必要ですか?
    作業不要です。お客様のソースの改修は必要ありません。
  • システム障害などに対する運用体制はどうなっていますか?
    24時間/365日でデータセンター現地に
    ネットワークオペレーションセンターを設け常駐体制をとっております。
    障害監視、障害対応、障害通報など24時間体制で整備していますので、
    万が一の場合も迅速に対応できるようになっています。
  • 技術的なサポートは受け付けてくれますか?
    技術的なご質問やお問い合わせについても、サポート体制を整備しています。
    障害に関するお問い合わせは24時間体制としていますが、一般的なお問い合わせについては営業日内(平日9:00~17:00、年末年始・祝日除く)での対応となります。
  • キャンペーン時などアクセスが増える場合は、一時的にサーバ増強するなどの対応は可能ですか?
    対応可能です。
  • システムベンダーが決まっていますが連携することは可能ですか?
    連携可能です。国内の中堅~大手システムベンダー様との契約がございます。
  • 安価な変換サービスだとサポートや機種対応に不安があると聞きましたが、貴社ではどうですか?
    24時間365日の緊急ヘルプデスクを設けており、
    金融機関や大手通販会社様から支持いただいております。
    また国内キャリアから発売されたスマートフォン全端末を保有しており、
    いつでも不具合の再現が可能です。